公開日:

インターネットのスピードが遅くて困っている。なんとか改善したい。と思っている人が多く聞かれることが多いので、まず確認しないといけないポイントと、改善点をお伝えします。

NTTなどの回線がそもそも遅いのか? もしくはプロバイダが遅いのかを知る

ルーターや配線などを確認する前に、一番大元のところがどうなのかを知る必要があります。

回線自体が遅いのか?もしくはプロバイダが遅いのか?ネットスピード改善の記事は多くありますが、これについて具体的に言及し、チェック方法を伝えているサイトがほとんどないので、お伝えします。

私はこれがわかっておらずずいぶん遠回りしたことがあります。とても重要なので最初に行ってください。

まずは普通にネットスピードを計測してみる

まずは普通にスピードを計測してみてください。計測はパソコンでもスマホでも同じ環境で計測できるGoogleの提供しているスピードテストがベストです。

Googleで「スピードテスト」と検索すると以下のような画面が表示されます。このブルーの「速度テストを実行」をクリックします。(スマホの場合も同様です。)

 

↓こんな感じで結果がでます。

本来の数字とけっこう違う数値がでることがあるから、何度かテストしておよその平均値を知っておきましょう。

これが重要!そのスピードの低下の原因はNTTか?プロバイダか?

NTTなどの大元の回線からは十分なスピードが来ているのに、プロバイダが混雑して邪魔をしているケースがあります。

私はこれに気づかず、「NTTからは隼の10Gが来ているはずだ!多少落ちるにしてもここまで落ちるはずはない!」みたいに考え、必死にルーター周りをいじったりしたことがあります。

しかし実際はNTTからは10Gとは言わないにしても十分な速さが来ており、プロバイダが混雑していたことでスピードが低下しておりました。昼間は200Mくらい出るのに、夜になると3Mみたいな感じです。

NTTからのネット速度をプロバイダを介さず計測する方法

まずNTTのこちらのサイトにアクセスします。

https://www.ntt-west.co.jp/info/support/oshirase20191030.html

こちらはNTT西日本のサイトですが、計測するページは西も東も同じなので、まずはここからでOK

めんどくさい方は直接こちらへ

http://www.speed-visualizer.jp/

※NTT西も東も同じです。

項目の内容にそってチェックを入れていきます。

一通りチェックしたら下部の赤いボタンがクリックできるようになるので、クリックしてください。 計測が始まります。

計測が終わるとこんな感じの画面になります。 これで終わりじゃありません。

下の「確認する」ボタンをクリックします。

↓こうなります

私の環境ではIPv6なのでこうなっています。

この数値がプロバイダを介さない数値です。

上記のGoogleの数値はNTTからプロバイダを経由した数値です。 この開きが大きい場合はプロバイダの可能性が高いため、プロバイダの変更を検討されてもいいかもしれません。

当時、実際私はO○○からBiglobeに変えたらすごく早くなりました。

 

 

 

Categorised in: