2009年12月16日 10:42 pm

ホームページの入り口はトップページだけではありません。 ほとんどの方がホームページの入り口はトップページだとお考えです。 もちろんindex.html とファイル名が付くトップページはやはり重要視されますので、予想されるキーワードでトップに来ることが多いです。

しかし、ユーザーは以外に予期せぬキーワードで検索しています。 アクセス解析を見ていると、本当に予期せぬキーワードでホームページにたどり着いている方が結構います。

たとえば、弊社の事例で言いますと、先日弊社では 「ぐるナイ「ゴチ」はホームページから・・」という記事を書きました。 →http://www.gorilla-web.net/?p=39

これは、ぐるナイというテレビ番組でお店を探す際、スタッフの方がホームページを見てお店を見つけていったという内容の記事なのですが、 予想もしていなかったのですが、「ぐるナイ ゴチ ホームページ」といったキーワードで結構なアクセスがあります。

そんなたどり着き方でも、ホームページを、会社を知ってもらうことはできるのです。

これはある程度イレギュラーなキーワードでもあり、また、それほど関係ないんじゃないかと思われるかもしれませんが、

少しでも多くのアクセスを集めることや、それを元にビジネスに直結した記事を書くことで、より濃いユーザーがおとづれることにもつながります。

すべてのページがトップページであると考える。

これはとても大事なことでもありますので、弊社でも新規案件の打ち合わせをする際は、自分に自由に記事の書けるCMSを強くお勧めしています。