公開日:

100点のホームページで10位なのか、本当は100点の力があるのに何かがまずくて70点になってしまって10位なのか?

SEO対策というとなんらかの形で「力をつけて上にあげていこう」と考えることが一般的です。

プラスの施策です。

しかし、本来5位の実力があるのに何かがまずくて10位に落ちているかもしれない。という点を見逃しがちです。

タイトルの通りSEOには2種類あって、現時点で良い状態であるとして、そこからさらに良くして上を目指すものとは別に、「実は100の力があるのに、なんらかのせいで70くらいの力しか出せていないものを修正して、実際の100の力を出すもの」とがあります。

プラスの施策ではなく、いわばマイナスをなくす施策です。

近年のコアアップデートでの順位の変動でよく見たものです。

順位だけを見るとシンプルに上がった下がったですが、実は下がったのではなくてコアアップデートによって本来10位の力のあるサイトが20位に位置していたものが10位に上がったことで相対的に下がったサイトがある ということです。

プラスにあげる施策を考えると同時に、マイナスを減らすことも考えてみよう

プラスにしていくと考えるのではなく、自サイトでマイナスに振れて足を引っ張ってしまっているページは無いか?と一度考えてみましょう。

ワードプレスが一般的になって自サイトでもかなり簡単に記事が書けるようになりました。何年も経って忘れてしまっているかもしれませんが、低品質なページがあるかもしれません。

昔は「とりあえずたくさん更新しておけばいい」みたいな感じで、ペラペラな内容の記事が量産されていた時代もありました。そういう時代の負の遺産です。

中途半端に書いた過去の記事をリライトしてみよう

内容の薄いページ、低品質のページが足を引っ張っているかもしれません。 それのせいで本来の力が出せていないのかもしれなくても、過去のページをどんどん削除していくのも怖いものです。

もっと下がるかもと思ってしまいますね。

そこでリライトをしてみましょう。 過去の薄っぺらい内容の記事を厚みのある良質な内容にしていくといった作業です。

たとえば、カフェの紹介サイトを作っているとして様々なカフェを紹介しています。

1つのカフェについて住所と営業時間のみを記載しているとします。

そこに、人気のメニューやおすすめのフードメニュー、おすすめのドリンクメニューなどを追記する。

アクセスの仕方やそのカフェの後に行けるスポットなんかを盛り込んでも良いかもしれません。