ホームページは「制作」が大事な時代から「運営」が大事な時代へ」

SEOにテクニックが通用していた頃、ホームページは作るときにある程度のテクニックを施した制作と、簡単に手に入る外部リンクで上位表示ができ、また全体的にホームページ自体の精度も低く「比較的簡単に上位表示ができ、そこから比較的簡単に集客ができる」時代がありました。

しかし2018年現在、グーグルには小手先のテクニックが通用せず、またウェブでの集客の重要性が日に日に増していくのに合わせて、全体的にウェブ、ホームページを使っての集客施策のレベルが上がり続け、ライバルとなる同業他社に負けないように自社サイトもレベルアップをさせる必要があるという時代になりました。

ホームページは作っただけでは効果が生まれなくなった

グーグルがテクニックではなく「サイトの質」を重要視した結果、「より情報を探しているユーザーに寄り添ったコンテンツ」がホームページにあふれるようになりました。とても良いことです。

知っている人だけが行うテクニック的なSEO対策は順位を落とし、検索結果に出てこないためもちろん効果は生まれません。

また、ウェブの集客ツールが検索エンジンだけではなく、SNSなど多様化もしてきました。

「質の高いホームページ」とはどういうものか?

ユーザーのためになるコンテンツをつくろうとすると文字数も多くなります。今の時代「最新の情報」も重要になります。SEOにしても、効果のあった施策があっという間に「逆に順位を落とす」結果にもなりえます。

こうした、ユーザーのために良いホームページ、質の高いホームページ、グーグルに「良いから上位表示しよう」と思ってもらえるホームページは、ホームページを作っただけでは出来上がることはあり得ません。

どんなテーマのサイトでもユーザーがほしがる情報は無数にありますから、尽きることがありません。さらに、状況、情報がどんどん進化していくのに合わせて「新しい情報」も必要になります。

ホームページは「制作」ではなく「運用」が重要。さらにいうと「運用」をすることを念頭に置いた「制作」が最重要となりました。

質の高いサイトにはホームページ制作業者がつくる初期状態では万全とは言えず、サイト運営者のお客様の「日々の努力」がとても重要になり、昔のように「丸投げ」では、まず質の高いサイトとは言えず、SEOでの上位表示もアクセスがあったとしても集客効果は生まれません。

運用をするホームページ

皆さまの希望する集客内容に合わせて「運用・更新」がスムーズに、スピーディーに行えるホームページ。どのように運用したらどのような効果が得られるのかを高いレベルで知った上で設計したホームページを制作することが重要です。

ゴリラウェブでは、お客様の目的やターゲット、予算などに合わせて最適なゴールを設定し、そこにたどり着くための道筋をロジカルに、かつ高いレベルでご提供いたします。