2009年12月16日 11:14 pm

ライバルの被リンクを調べるのはとても簡単です。

上位表示されているホームページにアクセスし、アドレスバーからそのホームページのURLをコピーします。 ゴリラウェブの場合は、http://www.gorilla-web.net/ ですね。

続いてヤフーの検索窓に link: と打ち、その直後に先ほどのURLをペーストします。 ゴリラウェブの場合は link:http://www.gorilla-web.net/ となりますね。 それで 検索してみてください。

そうすると、そのホームページにリンクをはっているホームページがずらっと出てきます。自分の知っているホームページやもしかすると見知らぬホームページやブログなどで何かしら取り上げられ、リンクをはられているかもしれません。

そして、そこで出てきたリンクをはっているホームページを見てみます。 きっと難しいキーワードで上位表示されているホームページの場合、結構な数のホームページが出てきていると思います。 2000とか3000とか、下手すると数万件かもしれません。 
とすると、そのホームページは結構な対策をしているのだなと。 その他2位3位と調べてみて、みんな結構な数の被リンクがある場合、なかなかの難しいキーワードなのかもしれません。

そうすると、費用対効果を考えると、それでもこのキーワードに挑むのか?もしくは他のキーワードを考えていくのか?というところも視野に入れます。

しかし、もし被リンク数が 数千件とあっても、それらを見てみると、「なんだこれ?」と思うような なんだか微妙なホームページばかりだった場合、 勝負できるかもしれません。

被リンクはSEOの大きな要素ではありますが、たくさんの被リンクを数千円でたくさん集められる時代、ヤフーやグーグルの検索エンジンはそれくらい分かっているので、 簡単にいうと「たいしたことない」ホームページからたくさんの被リンクがあっても ぜんぜん効果がなかったりします。 難しいキーワードで上位表示されているホームページは必ず「ちゃんとした」ホームページからたくさんリンクがはられています。

数はそれほどじゃなくても、優良なホームページからリンクをはられているホームページは上位表示されます。

一番いいのは優良なホームページからのたくさんのリンク ですね。

まずはライバルのホームページがどれくらいの被リンクがあるのか? これはライバルを、キーワードの難易度を調べるに有効なひとつです。 間単にできるので、ぜひお試しください。

SEOはとてもたくさんの要因で成り立っています。 また、やってはいけないSEOもたくさんあります。
SEOについてまとめてありますので、ぜひ一緒にお読みください。

SEO・検索エンジン対策

SEOスパム・やってはいけないこと