2009年12月16日 11:35 pm

ライバルのホームページの実力を調べるのに、そのホームページの被リンクを調べるをやりました。 次はライバルのホームページがどれくらいのサイトボリュームがあるのか?を調べます。

3ページしかないホームページより、20ページあるホームページのほうがそりゃいいだろう と言うことです。 これを調べるには その調べたいホームページのURLの前に、site: と打ってからそのURLを記入し検索します。 ゴリラウェブの場合は site:http://www.gorilla-web.net/ となります。 これで検索するとそのホームページ内のページがずらっと出てきます。 正確にいうとヤフーならヤフーに認識されているページですね。

これが結構多かった場合、それこそなかなか対策をしていると思われます。 もしくは、良質なコンテンツを地道に増やしてきた結果なのかもしれません。 これが多いとやはり結構強いのですね。 長年にわたり地道に良質なコンテンツを増やしてきたなんて、良いホームページに決まってますね。 そうすると、SEOを意識していなくても順位が上がっているという、最高の状態かもしれません。

⇒ちなみにヤフージャパンさんはどうでしょうか? 116000ページ・・・ さすが、膨大なページ数です。

しかし、注意したいのは、ページ数が多ければいいというわけではありません。、 無駄なページや、たいしたコンテンツのないページをたくさん増やしても、これも意味はありません。 下手するとスパム判定です。 検索エンジンロボットは相当な精度でページ内のコンテンツを見抜きます。 ページ数を増やすためだけにページを量産するのは、意味がないだけじゃなく、逆に順位が下がる可能性もありますので、絶対にやめましょう!

きちんと上質なコンテンツのページを地道に増やす これがとても大事です。