2009年12月10日 11:11 pm

皆さんがインターネットを楽しむのに必要なのがブラウザです。きっと多くの方がIE(インターネットエクスプローラ)を仕様されているのではないでしょうか?

このブラウザ、一昔前に「第一次ブラウザ戦争」と言うのがありました。(ちょっと大げさですね。) その当時ブラウザはIEとネットスケープしかなく、どちらがシェアを伸ばすか、熾烈な戦いを繰り広げました。

結果は、現状からも分かるように、IEの圧勝に終わりました。

しかし、IEが圧勝したことで世界中のブラウザのシェアをものにしたことで、その脆弱性・セキュリティーホールがたくさん見つかりました。

そこで、ウェブ標準に準拠したエンジンを持つまた、セキュリティにも強いブラウザOPERAやFIRE FOX、SAFARI が登場し、再びブラウザ戦争が始まりました。 これが第2次ブラウザ戦争です。

ウェブ標準を装備していないIE6に対して、ウェブ標準に準拠したそれらブラウザは大きなアドバンテージを得ました。 ウェブ標準に準拠していないIE6はウェブ標準に準拠したホームページが正しく表示されないなどの不具合のたくさん起こります。 現在でもIE6を使っている方は大勢いますが、これを意識してホームページを作成するのは結構大変だったりします。

さて、先ほど出てきたそれぞれブラウザは、セキュリティに強かったり、動きが早い、独自の機能があるなど、そのシェアを少しずつ伸ばしています。 特に、ウェブに近い人や、IT系の人、クリエイターなどは、皆さん自分にあったブラウザをこだわって使っているケースが多く感じます。

最初にIEがパソコンにインストールされていても、自分でブラウザをインストールし、使用しています。

現在でも大きなシェアを集めているIEですが、この先は分かりません。。。

Tags:

Categorised in: