2010年7月2日 12:43 pm

みなさんご存知のフラッシュ。

ホームページ上での動画やアニメーション(実際はもっとたくさんの機能などのあるのですが、わかりやすいところだと、こんなところだと思います。)ですが、一昔前は爆発的にはやりました。

ゴリラウェブに来る依頼でも、かなりの方がフラッシュを導入したいとおっしゃっておりました。

「フラッシュがあるとお金がかかってそうでかっこいい」というような感覚があの当時はありましたね。

それから何年か経って、その時にホームページを作った方のリニューアルがタイミング的に来ています。 そこでほとんどの方が、「今度はフラッシュはいいや」という事で、フラッシュを入れないケースが圧倒的に増えています。

インターネットユーザーはもうフラッシュに慣れてしまっているので、費用をかけてフラッシュを作っても、たいして驚かれないし、もはやお金かかってそうにも見えないし。 だいいちほとんど見てもらえない とのことです。

たしかにおっしゃる通りです。

そこで、それに輪をかけて巻き起こっているのが、Adobe vs Apple 戦争といわれているもの。

アップルはみなさんご存知の Iphone や Ipad がバカ売れです。 Adobe はフラッシュの技術を作っている会社なのですが、僕らもフラッシュの制作の際には、まさにアドビのフラッシュというソフトを使って制作します。

そのアップルの大ボススティーブジョブス氏が、アドビのフラッシュは衰退しつつあるテクノロジーだと語り、また、iphone や ipad ユーザーならご存知だと思いますが、 Iphone なのでは、フラッシュは?となって一切表示されないのです。

そこで、iphone 等でもフラッシュが表示出来るようなパッチも出ましたが、アップルはすぐにそれも使えないようにしました。 よほど嫌いなのでしょうか?

ただでさえフラッシュに対するユーザーの新鮮味も薄れてきている現在、 これから大注目のipad がフラッシュに対応していないとなると、ホームページを作る際にも、大きな問題です。

いちいち自宅などでパソコンを開かないで、今いる場所などで ipadを開きネットをするという時代はすぐそこに来ているように感じます。そうすると、なおさら、自社サイトにフラッシュを導入している場合、大きな問題です。

これからのホームページ制作は、ご依頼の際はもちろん弊社からもご説明しておりますが、こういった点にも気をつけなければなりません。

Categorised in: