2009年11月21日 12:46 am

高齢者や障害者などを含む誰もが、目的の場所に支障なくたどり着けるかどうか、またはその度合いのこと。

ホームページでいうと、たとえば、どこをクリックしたらいいのか分かりにくかったり、文字がすごく小さい場合なんかはアクセシビリティは良くないですね。 若者には苦なく見える文字でも、年配の方には厳しかったりします。

また、目の見えない人がインターネットをやる際に、テキスト読み上げソフトと言うのを使うのですが、画像があってもソフトはそれが読めないため、画像にアルト属性というのを使って、その画像を読み上げます。 大きく目立つ文字なんかは、テキストではなく、画像で作った文字を配置したりしますからね。

また、テキストの大きさをピクセル指定で書いていると、文字のサイズを変えることができないため、これもアクセシビリティが良くないといえます。

と言うような、ホームページを見てくれるユーザーがスムーズに目的のページへたどり着けるようにデザイン、設計し、コンテンツ内容も分かりやすく作ることが大事です。

Tags:

Categorised in: