2017年9月26日 9:22 pm

9月14日に自社開催にて

「リスティング広告費を無駄にしないためのスキル&知識習得セミナー」を開催しました。

ホームページでの集客で絶対に外せない「リスティング広告」代理店で運用している方もいれば、自社で頑張って運用されている方もいます。

リスティングの仕組みはとても複雑で、「機能やシステム面」「リスティング広告という概念」「広告の配信の仕方」など、明確にわかっていない状態で行うと広告費を無駄に消化してしまう恐れがあります。

広告費が大きくなればなるほどその無駄も大きくなります。

広告費が大きくなるとその分実感できる効果も大きくなるので、是非ともどんどんやっていきたいものでもありますが、それによって無駄が増えてしまっては本末転倒です。

そこで、どこをチェックすればいいのか? どう考えればいいのか? といったところをご説明させていただきました。

この日は、自社で運用している方と代理店で運用している方が来られていたのですが、自社で運用されている方はかなり積極的に質問や発言をされていた印象です。

セミナーに来られている企業様を見てみると、仮に参加されていなくても名前を聞いたら知っているそこそこ業界大手の企業様の比率も高かったです。

やはりあらゆる分野に網を張っているのでしょう。そうして大きくなっていったのでしょうか。

ホームページで集客できるかどうかは相対的な部分がけっこうあって、自社のサイトがどうかという部分以外に、ライバル・同業他社がどのようなサイトを運営しているか。どのような戦略でどのようなプロモーションを行っているか?

それと比べて、自社のサイトはどうか? 自社のウェブ上での戦略はプロモーションはどうか?といった視点で見てみたいところです。

今の時代ホームページはあって当たり前です。

一昔前、ホームページがあたりまえでなかった時代には、けっこう簡単にホームページから集客できたものでした。

たいした戦略もなく、適当にやった仕掛けがたまたまうまくはまり結構な成果を出したケースもたくさん知っています。

しかし、今の時代ホームページはあって当たり前で、さらにどの企業もウェブからいかに効率よく集客するかを日々考え続け、日々チューンアップしています。

とすると、自社もホームページを使って集客していくには相対的にそうしたライバル企業とウェブ上でも戦っていかないといけません。

上述しましたが、ウェブでのプロモーションは詳細なデータが数多く取得できるので、ウェブに強い会社はそれをもとに日々チューンアップしています。

すでにかなり精度の高いプロモーションを行っているにも関わらず、さらに日々チューニングし広告効果を高めていっているわけです。

要するにそれと戦わないといけないわけです。

もちろんウェブでのプロモーションもお金があるに越したことはありません。

しかし、テレビ等の4媒体と比べてお金がかけられないならかけられないなりに戦略的に戦っていけるのがウェブ広告の面白いところでもあります。

それの最たるものがリスティング広告といってもいいでしょう。

そのリスティング広告を自社運用の方は、「とにかく無駄がなく」「できるだけ効果的に」プロモーションを行っていただき、代理店運用の方は代理店から送られてくるレポートや実際に表示される広告内容、できたらアカウントにログインして実際にどんなキーワードにどんな費用が投入されているか等確認し、より精度の高い広告運用を行っていただけたらと思います。

Categorised in: ,

This post was written by 管理者