2017年6月6日 8:37 pm by

お電話やメールにてお問合せを頂く際、「ザックリでいいので、いくらくらいかかりますか?」といわれることが多々あります。

しかし、ある程度サイト構成や仕様がわからないと「ザックリ」だとしても応えられない場合がほとんどです。

まずは、お考えのホームページが5ページなのか10ページなのか50ページなのか?
5ページのホームページと50ページのホームページでは作業量、かかる時間が当然違うため、費用もまったく変わってきます。

ですので、まずはある程度ページ構成が決まっていないと、見積もりがだせないのです。

とはいえ、どんな構成にしたら良いかもなかなか判断がつかないかもしれません。

そういう場合は一度お打合せをさせていただいて、お客様の業種や目的などから「こういうページはいりますか?」「こういうこともできてこういう効果があるのですがどうでしょう?」とヒアリングしていき、私どもの方で構成を作っていきます。

一通りのページ構成が出来上がると、こんどはそれらのページの内容から「更新が必要な部分はないか」などもお伺いしていきます。

ホームページの更新にはすごく簡単にできる部分と、それ用のプログラムを組んでおかないといけないところとイロイロあります。

たまにあるケースとして、例えば飲食店さんのメニューのページがあるとして、もうほとんど公開 という段階で「このメニューの内容どうやって更新すればいいのですか?」といわれるケース。

更新といっても、HTMLがわかる方の場合、ソースから直接更新する方もいますが、だいたいの場合そういったことがほとんどわからないので、そういう場合だと大事な部分を壊してしまわないように、該当する箇所のみを更新できるようにプログラムを別途組む必要があったりもします。

ページの構成が決まりホームページの全体像が見えてくると、そうした点も見えてきます。

こうして全体像が見えてきたら、それをお客様と再確認し再度必要、不必要を選別していきます。

ホームページの制作はちょっとしたプログラム1点の乗せただけでいきなり数十万と料金がかわるようなものもあります。
ですので、仮にざっくりと制作費をお伝えしたとしても、そういう内容が出てきただけで何万円も金額がかわってしまっては、ざっくりも何もお見積り金額として機能しなくなってしまいます。

ですので、まずは「どんなページ構成にするか」だけでも、逆にざっくりとで良いのでお考えいただいておくと、スムーズに進みます。

これからホームページの作成をお考えの方、ご参考くださいませ。

Categorised in:

This post was written by 管理者