2018年6月27日 10:41 am

人間は比較する生き物で、ワンクリックでたくさん比較ができるウェブでは、ページを開いた一瞬でユーザーの心をつかむことが必要だとお伝えしてきました。

ユーザーの心をつかむ、集客のできることばとは何なのか。

以前はベネフィットについてお伝えしました。

http://www.gorilla-web.net/benefit/

自社の製品やサービスをアピールするのではなくて、それを利用した人が得られる未来を想像できる言葉。それがベネフィットですね。

今回は違う角度で。

人の心を動かすには、「快楽の追求」もしくは「苦痛からの解放」を訴えると非常に有効です。

例えば、弊社のようなホームページ制作会社の場合「ゴリラウェブでホームページを作ると問い合わせが増えていいですよ」(快楽の追求)。「ゴリラウェブでホームページを作らないと、競合他社から後れをとりますよ」(苦痛からの解放)。

こういうものです。

ファーストビューと呼ばれる「ページを開いて最初に目に入る部分」には、自社の製品やサービスの魅力を力いっぱい入れるのではなくて、こういった人間心理に働きかけるキャッチコピーが必要です。「コピー」ではなく「キャッチコピー」です。

これをベネフィットと絡めるとベストです。

ユーザーにしてみると業者の製品やサービスがどう良いかなんてまずはどうでもよく、それを使うことで自分が、自社がどんな風に良くなるかの方がよっぽど大事です。

「快楽の追求」と「苦痛からの解放」ではどちらが有効か

「快楽の追求」と「苦痛からの解放」これがユーザーの心を使う言葉の秘訣だとご説明しました。

では「快楽の追求」と「苦痛からの解放」ではどちらの方がパワーがあるか?

これは「苦痛からの解放」です。

例えば、ほとんどの人がたくさんお金が欲しいし、健康でいたいと思っていると思います。

しかし、「こうするとお金がたくさん入ってきていいですよ」「こうすると健康になりますよ」といっても、それに対しすぐに行動することはあまりありません。

逆に、「これをしないとお金を失いますよ」「こうしないと病気になりますよ」と伝えると、たちまちいても経ってもいられなくなり、行動に移します。

人間は得る喜びよりも失う恐怖の方が大きいのです。

ですので、ホームページのキャッチコピーでも

「弊社の商品を使うとこんなふうに良いですよ」とプレゼンするよりは、「弊社の商品を使わないとこれだけ損をしますよ」という角度から伝えた方が、同じことを伝えても効果は変わってきます。

クライアント様から原稿を頂く場合、「自社はこう良い」という内容の原稿を頂くことが非常に多いです。少し角度を変えるだけで、集客効果は変わってきますのでご参考ください。

Categorised in: ,